投稿者「jrs6hxvnsrg」のアーカイブ

夜遅く食べないダイエットがいい感じ

もうすぐ薄着になる夏がやって来るので、緩みきった体型を何とかしたくて、1ヶ月ほど前からダイエットをやっています。

食事制限や激しい運動だと続けられる自信がないので、無理のないダイエットとして、夜18時以降は食べないダイエットをしています。

特に制限は設けていなくて、夕ご飯をなるべく18時前までに取るようにして、仕事で遅くなって18時を超えた日でも、少し主食の量を減らしてなるべく早めに食事を取るようにしています。

最初の頃は寝るまでにお腹が空いてついおやつに手を伸ばしたこともありますが、今はこの食事のリズムに慣れてきたので、間食も抑えられるようになってきました。

おかげで朝食をしっかりと取ることができるようになって、職場でも朝から仕事のパワーがわくようになりました。

食事そのものの量は変わっていないのですが、食べる時間をずらしたことで脂肪が体に付きにくい体質になってくれて、お腹周りが心持ちすっきりしてきたようです。

始めてからまだ1ヶ月程度ですが、ただ夕食の時間を早めただけなのに体重が1kgほど減っています。

朝の目覚めもすっきりですし、何よりお通じが毎日来るようになって、ぽっこりお腹がややへこんでくれたのが嬉しいです。

朝ヨーグルトダイエットで置き換え

朝ホットヨーグルトダイエットで置き換えたら本当に痩せてきた…

ヨーグルトは冷たいまま食べるのが普通と思っていませんか?

「冷たい、冷たくない以前に、そんなこと思ったことありません!」

こう感じる方も多いことでしょう。

実は最近、「ホットヨーグルト」が流行っているのをご存知ですか?

私は、朝ホットヨーグルトとして、毎朝置き換えダイエットとして食べています。

単純に太ったからなんですが…。

「温めたからってなにがいいの?」なんて方に、今回はホットヨーグルトの効果をご紹介します。

ホットヨーグルトとは?

もう名前の通りです。「温めたヨーグルト」です。

ホットヨーグルトの作り方は?

電子レンジでチンして温めて完成です。

誰が作ったダイエット方法なの?

実はわからないそうです。大丈夫のか!?

ホットヨーグルトの効果とは?

乳酸菌を活性化させて調整作用UP!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、40度前後で活性化するため、この温度にすることで調整作用が上がります。

腸内環境がよくなり、老廃物を溜めない体質に!デトックス効果はバッチリです!

カルシウムの吸収量がUP!

温めることで、ヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収率が上がります。

ダイエット中のカルシウム不足は、エネルギーをつくるミトコンドリアが働かなり、体脂肪が蓄積されやすくなります。

この太る原因をなくすのがカルシウムです。

ヨーグルトの選び方

基本的に無糖のヨーグルトがベストです。

置き換えるのはいつ?

朝ヨーグルトダイエットとして、朝食を置き換えます。

感想

朝ホットヨーグルトの置き換えダイエット

基本的に便秘症なんですが、朝食べ終えてちょっとすると、すぐにトイレに行けるんです。

これが本当に嬉しい!

最近、夜食を食べることが多く、結果体重が増量し、二の腕、太もも、ふくらはぎが太くなってしまったのでショックでした。

私は現在30代前半ですが、この年齢になると代謝が落ちてきて一度太るとなかなか痩せません。

特に部分痩せは難しいのでこれ以上太らないようにしたいと思いました。

ダイエットにヨーグルトを選んだ理由は最近流行していてお手軽でコストがかからないからです。

本当だったらダイエット食品で置き換えをしてもいいんですが、コストが高いですしね。

スマホのアプリでこちらの情報を入手したので、効果を期待できるのではないかと思いました。

ヨーグルトダイエットはホットヨーグルトが一番です!

そちらの方が体内で燃焼されるとのことだったので、私は毎朝ヨーグルトをレンジで温めて食べています。

あと、毎日同じ味だと飽きるので、缶詰のフルーツを足しています。

主人が毎朝、缶詰のフルーツを食べるため特に手間がかかりません。

ヨーグルトも400gで100円未満のものを毎朝200g食べているので一日ダイエットに50円もかかっていないと思います。

まだ30代なのでダイエットをして綺麗な体を手に入れ、主人を驚かせたいですね。

でもヨーグルトを単品だけで置き換えるのは、正直栄養のかたよりが気になります。

そんなときはダイエット食品でも試してみようかな?とは思っていますが…。

栄養素の不足がまったくない、王道のダイエットドリンクです。必要不可欠なたんぱく質もしっかり入り、2食の置き換えも問題ありません!

引用 置き換えダイエットにおすすめな人気食品の口コミランキング

目つきが悪くなるダイエットならやらない方がいい

リンゴダイエットとかバナナダイエットとか単品ばかり食べてダイエットをしていた時、周りから「雰囲気が変わった」とよく言われました。確かに痩せることができたので「痩せてキレイになったから雰囲気が変わったのかな」と思っていたのですが、実際はそういうことではありませんでした。

わたしの雰囲気が変わったと言われる原因は、わたしの目つきとかわたしの言葉遣いとか話し方とか…そういうことでした。リンゴとかバナナのような単品を毎日必ず食べるという楽しくもないし幸せでもないダイエットを続けていたことで、気持ちがトゲトゲしていたんだと思います。

そういえば同じ食卓を囲んでいる家族にも、以前「なんとなく目つきが良くない」というようなことを言われたことがありました。その時のわたしは、自分は食べたくもないリンゴを頑張って食べているのに、隣で美味しそうにご飯を食べている家族にイライラしていました。

リンゴにしてもバナナにしても、自分で決めて自分だけがやると決めて続けていたのに、こんなダイエットだったらやらない方がいいと思ってやめました。

地味に行っている「正月太り防止ダイエット」

ここのところ私はお正月太り対策として、少し前からダイエットを行っています。
お正月になると毎年のように体重を増やしてしまう私なので、今年は予め対策をとろう考え始めました。
ただ、この私の考えは実を言いますと若干自分に甘いところがあります。
それは「お正月にたくさんの美味しい食べ物を食べたいから今のうちに痩せておこう。」という、
予め減量して、結果的には今までと変わらずしっかりおせち料理などを食べようとしているところです。(笑)
そして、この考えの恐ろしいところは、
「今ダイエットしている分だけ、お正月にリバウンドするのではないか?」という点です。
リバウンドしてしまったら、余計に体重が増えてしまい、以前より困ったことになりかねません。
ですので、今行っているダイエットの根本に「無理はしない。苦に感じるなら止める。」
ということを頭の隅において行っています。
まぁこうして書いていると段々「このダイエットに意味はあるのか?」と自問自答しそうになりますが(笑)、
私は前向きですので「意味がある」と信じて頑張りたいと思います。
そんな感じで、私が今現在地味に行っている「正月太り防止ダイエット」に関する、小さなお話でした。